hiroyukissの日日是好日

日々思ったこと、趣味のことや今後の目標や計画を書いてます。UPした記事は常に更新をかけてより良い記事にしていきたいと思います

ヘーベリアンの道⑨ 契約後 それから〜

ヘーベルハウス 契約から思うこと

 

ヘーベルハウス の担当者は間取りについての提案は極端に少ない。

以前、気にいった建築事務所(以下E社)がありました。そこはもちろんヘーベルハウスよりも小さなメーカーですが、漆喰などの自然素材を家づくりに使用しているメーカーさんでした。

E社の営業の方はとても対応が良く、こちらの希望を聞きつつ、どのような間取りが良いのかプロの視点からアドバイスをしてくれました。出来上がりの図面も外観のデザインもとても良かったのですが、値段だけが希望に合わず断念いたしました。

ヘーベルハウス の担当者と比べては悪いのですが、E社の担当者は、家の提案から資金の流れ、家のデザインなどの総合力が非常に優れており、ヘーベルハウスの関係者と打ち合わせをしてみるとE社の担当者が優れていたのが良く分かりました。

そもそも、「営業」「設計」「デザイン」が分業制なので、担当営業の力や経験年数がないとトータルコーディネートはできない。

 

ヘーベルハウス の躯体構造からいうと極小住宅が得意なのに間取りの提案があまりない。

ヘーベルハウスにしようと決断する前にヘーベルハウス の展示場で担当者から話を聞いたところ、「東京に建築することが多く、狭小住宅は得意です」と言われました。

契約の運びとなり、いざ間取りの打合せをしてみても間取りの提案が少ない、持っている引き出しが少ないのか、同じ提案ばかりされる(単に建築面積が狭いだけなのかもしれませんが💦)。

これをつける場合は社外品になって値段が高くなりますなど、ヘーベルハウス の設計者達が考える間取りに近づけたがる。

 

「お金のことは何とかなります」と言いつつ契約を急がせる割には、フォローがあまりない。

けれども、最終的にはまとまるけど銀行とのやりとりでは額面状にない追加費用がポロポロ出てくる。

まとめ

個人的に、大手のハウスメーカー小規模の設計事務所の比較をすることが大事なことだと思います。

大手のハウスメーカー(良い部材などが安い値段で建築できるが、間取りなどの細かなフォローができない)と小規模の設計事務所(大手のハウスメーカーより割高になるが、こちらの要望に対してリアクションと提案の数が多い)の両方の話を聞いたほうがいいです。