hiroyukissの日日是好日

日々思ったこと、趣味のことや今後の目標や計画を書いてます。UPした記事は常に更新をかけてより良い記事にしていきたいと思います

老後2000万円問題についての考えかた

 

 

まずはじめに

65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約万円であり、その後2、30年の人生があると仮定したとき、不足総額は単純計算で1,300万円~2,000万円になります。

この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたもので、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なります。

もちろん、不足しない場合もありえますが、今後の医療の発展のおかげで長く生きることが容易に想定できる以上、今までより多くのお金が必要となります。

f:id:hiroyukiss:20190716214902j:image

長く生きることで、資産寿命を延ばすことが必要になります。重要なことは、長寿化の進展も踏まえて、年齢別、男女別の平均余命などを参考にしたうえで、老後の生活において公的年金以外で賄わなければいけない金額がどの程度になるか、考えてみることということです。

f:id:hiroyukiss:20190718061739p:image

 

これは、昔から言われていることであって今に始まったことではないそうです。

金融庁からしたら、「何を今さら・・・」

 

WPPとは

W=ワークロンガー(長く働く)

P=プライベートペンション(企業年金、自分の蓄え)

P=パブリックペンション(公的年金

 

公的年金で暮らせるくらいに生活をダウンサイジングして、長く働くことのできる身体を現役時代から作っておき、さらに企業年金や自分たちの蓄えで心踊る豊かな老後を過ごしていくことを目標に頑張っていきたいと奮起することが大事なのではないでしょうか。知識がなければ、銀行や証券会社のいいなりになってしまいますよ!投資は必ず利益が出るとは限りません。ただし、銀行や証券会社は必ず利益が出ます。

 

・皆さんは、この報道を聞いて、政府が出した月の支出を確認してみましたか?

・老後の夫婦(住居費無し)が月に30万円も支出するのでしょうか?

・地方に住む人は、都会に住むのは大変だなぁと思ったはず!

・老夫婦2人で多くても20万円で生活できるのではないか

 

 

まとめ

政治家のパフォーマンスや報道に惑わされるのではなく、どういうものなのかを正しく理解することが大切だと思います。

そのうえで、将来の生活にかかる費用を算出し、必要であれば現役時代から貯蓄や投資で蓄えることです。

もし、蓄えが不十分であるということなら60歳以降も働くか、もしくは生活の無駄をなくして生活費を抑えることが必要で、まずは自分たちの生活の点検に取りかかってもらいたいと思います。